時間・費用面は?

ブラウザやURLを活用する場合

インターネット上で無料機械翻訳によるwebサイト翻訳を行う場合、複数の会社でサービスを提供しています。 ブラウザの種類によってはボタン1つで手軽に翻訳を行うことが可能で、数分で行えるでしょう。また、他の翻訳サイトではwebのページを丸ごと翻訳できるURLを入力する方法での翻訳が出来るところもあります。ブラウザに翻訳機能が標準搭載されていない場合はwebページのURLをコピーして翻訳するサイトに貼り付けてリターンキーを押すだけで、数分以内に翻訳は終了するでしょう。翻訳できる言語は取り扱っている会社によって異なるため、事前に確認してから利用してください。なお、大手検索サイトの無料で使える翻訳機能を使うと、100以上の言語に翻訳してくれます。

自分のサイトを翻訳したいなら

他のサイトを翻訳するのではなく、自分のサイトを他の言語に翻訳する場合には、専門のツールを入力することで活用可能となるでしょう。大手検索サイトのユーザーIDを保有していれば、自分の持っているwebサイトを入力し、日本語から多言語に翻訳できるように設定をするだけで、訪問者が自由に翻訳できるツールを用意できます。 世界中からのアクセスが可能となりますが、翻訳ツールである程度言語を指定することで、より効率よく集客できるようになるでしょう。なお、設定が終了したらコードを発行し、サイトのHTMLファイルに貼り付けるだけで終了です。料金は一切かかりません。翻訳機能をつけることで日本語から多言語に変換できるようになり、海外からのユーザーがアクセスしやすくなります。